スポンサーリンク

【ラストイデア】キャラ育成の基本ガイド(初心者1stキャラ向けビルド例付き)

攻略TIPS

キャラ育成の基本ガイド

ラストイデアは様々なステータスやスキル、装備品の組み合わせでキャラを強化していくゲームです。その組み合わせは膨大な数になりますが、選択肢が多すぎるせいで初心者は逆に悩んでしまうことも多いと思います。

この記事では、初心者の方が1stキャラを使ってゲームをプレイするに当たっての基本的なTIPSを書いていきたいと思います。

 

おすすめのステータス割り振り方法

ステータスには「力」「技」「魔」の3種類があります。このようにステータスを割り振りできるゲームでは、一般的には前衛職は力重視、火力職は技重視、魔法職は魔重視のように育成していくものが多いです。

しかしラストイデアでは、各種ステータスは基本的に装備の必要数値でしか無いことと、「力」を上げると最大HPが上昇するというシステムのため、使いたい装備品のステータス条件を満たしたら、残りはすべて「力」に割り振る、というのが基本です。

特に初期職で剣以外のスキルを選択した場合、職に合わせて「技」や「魔」にばかり割り振っていくと中盤以降はかなり苦戦します。魔法職で「力60技10魔40」のようになるのは違和感があるかもしれませんが、慣れてしまいましょう。

 

おすすめ初期スキルツリー選択

基本知識部分でも書きましたが、ゲーム進行の難易度的には「剣スキル」が一番耐久力に優れ、強スキルである「斧スキル」を追加することも自然なキャラビルドになりますので、楽に進行したい人におすすめです。

戦士系の装備の必要ステータスは「力」であることがほとんどのために、何も考えずに力に割り振りつつ装備を更新していけば最大HPも上昇していくため、1stキャラには最適です。

逆に死霊は中盤以降の打たれ弱さが装備の整わない1stキャラではなかり辛いこともあり、こだわりがなければ2nd以降に使うほうが良いでしょう。

 

おすすめのビルド例

剣+盾+斧 → 斧+盾+氷

初期スキルに剣を選択し、序盤を有利に進めていきます。盾は近接職とも相性がよく、素直な流れで取得できるでしょう。そして斧は本記事執筆時点では最強スキルと言っても良い安定性とオート性能を備えているスキルです。斧スキルが入ったら武器を斧に切り替えてワールウインドをメインに戦い、剣スキルは使わなくなっても構いません。

斧+盾の実質2スキルツリーでもクリアまですることが出来ますが、宝玉をつかうかセカンドビルドを使用して斧+盾に加えて終盤で追加される氷を使用すると、物理防御をアップできるスキルが有るため更に安定性が増します。

斧のアクティブスキルはワールウインドのみで後はパッシブ。剛力を取得して両手斧と盾を持つのが良いでしょう。盾の魔法障壁と氷のアーマーで耐性を底上げします。

 

炎+盾+雷 → 雷+氷+盾

炎を選んだ場合、強い範囲火力のおかげで2章までは楽に、盾で防御を補助しつつ3章までも無難に進んでいくことができると思います。しかし4章以降は敵の火力が強くなってくるため、防御スキルに乏しい炎スキルは段々と辛くなってきます。

そこから先に進むためには、装備を整えて各種耐性を整えて雷スキルを取るのも良いですが、いっその事炎スキルを捨てて雷をメイン据えるのも十分ありです。

炎メインで行くならファイアーウォールかメテオに特化しつつ、盾で耐性を上げ、雷のテレポートで立ち回り。雷メインのビルドに関しては研究中ですのでお待ち下さい。

 

弓+槍+雷 or 弓+槍+氷

弓も同じく範囲火力のおかげもあり中盤までは楽に進めるでしょう。序盤で取れる追加のスキルツリーの槍の貫通スキルの効果が弓との相性がとてもいいこともあり、弓+槍の組み合わせは基本

その上で3つ目のスキルですが、火力を増やしつつ雷ならスタン、氷なら凍結による足止めを狙えますので、この2つのどちらかを組み合わせるパターンが無難。

雷のほうがスキル取得が早いことや、装備が集めやすことなどからも、管理人のおすすめは弓槍雷です。

弓ビルドについても研究中ですので、更新をお待ち下さい。

困ったら…レベル上げ&トレハン

雑魚戦で死んでしまったり、ボスといい戦いをするもギリギリで死ぬ…というパターンで詰まっているならば、多くの場合はレベル上げとトレハンで解決できます。

特に、装備品は基礎数値の関係上、LV15の星5よりもLV30の星3のほうが強いことがほとんどですので、レアリティを気にするよりもレベルが高いものを使っていくようにしましょう。

また、ステータス割り振りで体力を上げれば単純にHPが上昇し、生存能力も上がります。

 

気楽に色々試す

スキルツリーの追加取得選択だけは気楽には試せませんが、スキルやステータスの割り振りは少額のゲーム内ゴールドで気楽に振り直しができます。詰まった場合には色々変化を加えて試してみるのが良いでしょう。時にはメインにしているスキルを変えてみることも。

振り直しが難しいゲームなどの経験がある人にありがちな、「何に割り振ったら良いかわからないから振らずに取っておく」は絶対にやめましょう

 

時には手動で操作する

ラストイデアは死霊など一部の職を除き、オート設定でもクリアできるステージがかなり多いです。特定のステージや特定のボスの場合には、モーションを見て攻撃を避けたり、特定の強い雑魚を優先して先に倒したりというプレイも必要となってきます。

オートをメインに進めている人も、どうしてもクリアできない場所があれば手動でプレイしてみるのも手です。場合によってはあっけなくクリアできてしまうかもしれません。

 

装備に付属の防御的スキルを活用する

弓や魔法、死霊などの遠距離職場合本体が弱いため、敵に囲まれると一瞬で死んでしまうことが多いと思います。そしてゲームが後半になればなるほど、敵の火力が強くなり、敵の湧く位置もいやらしくなってきます。

その場合に必要となってくるのがワープなどの防御的スキルですが、スキルツリーを取らずともアイテムに付属しているスキルで十分なものも多いです。それらを活用することによってかなりプレイが楽になる場所も多いです。

 

サンクチュアリ(聖域のアミュレット)

サンクチュアリは、周囲の敵を弾き飛ばしながらダメージを与える攻撃魔法です。遠距離職で敵に囲まれた場合や、足元に敵が湧いてしまった場合などに、ダメージを与えながら敵との距離を取れるというかなり優れたスキル。

しかもこのスキルは鍛冶屋で作れるLV40の「聖域のアミュレット」に付属しているので、遠距離職の救済措置のような扱いになっています。

 

ガーディアン(ガーディアンフェイム)

自分の防御力を上げる魔法です。これはその効果だけでなく離れた地点を指定して使うと、その場所まで強制ダッシュ移動をしてから使うという特性が強力。

通常、敵に囲まれるとそこをすり抜けて移動することは出来ませんが、このスキルを使えば無理やり離脱することが出来ます。テレポートと違ってCTが無いということや、指輪の性能自体も良いことが魅力。

ただしオートプレイ中にこのスキルをセットしていると何故か開幕に、敵のど真ん中にダッシュしてこれを使うという現象が起きるため、その点だけ注意。

 

アイスウォール(凍てついた骸骨)

遠距離職で一番したいことは近接系の敵の足止め。アイスウォールを使えば敵を遠ざかったままにしておき、一方的に攻撃をすることが可能です。アイスウォール自体のレベルも低くて十分。

ただし遠距離攻撃をしてくる敵には意味がないことには注意。意味がないどころか近接NPCや仲間が近づけなくなって不利になる場合もあります。

オートプレイでこのスキルをセットしていると全滅の原因にもなります。マルチプレイでは周りの迷惑になる可能性も高いため、マルチ・オートプレイの時にはスキルセットから外すのを忘れないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました